育児で多忙!ママさん向けのオールインワンジェル!人気ランキング!

 

産後のママさん

 

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

の5つのよくあるお肌のお悩み、
それと、多忙なママさんでも簡単&ラクチンに使えるかどうか?
を基準にランキング形式にしました。

 

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲル毛穴

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 初回:2,996円

    定期2回目以降:3m796円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。
低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

【多忙なママさん向けの理由は?】

 

ポンプ式で簡単

 

ケース型だと、蓋の開け閉めが面倒だったり、衛生的にちょっと・・・
というママさんもいらっしゃるはずです。

 

メディプラスゲルはポンプ式なので、洗顔後に押すだけ!
そのため、ケースタイプのように量を調整する必要がありません。

 

低刺激

 

オールインワンジェルを触った手で、赤ちゃんに触れる・・・
大丈夫かとは思いますが、メディプラスゲルは無添加です。

 

そのため、赤ちゃんに触ったり、頬をすりすりしたいママさんにピッタリ♪

 

保湿力抜群

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

 

【公式】→https://mediplus-orders.jp

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

妊娠中の時、 シミ増えた!というママさんには最適です。

 

デメリットは?

 

育児で多忙・・・・マッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

PCリペアゲル Wセラム

 

PCリペアゲル Wセラム

 

  • 返金保証:30日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入(初回):1800円

    2回目以降 3,985円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

PCリペアゲル Wセラムはオールインワン化粧品の中でも珍しい、チューブタイプです。

 

初回、送料無料で1800円!と安く、2回目以降は3,985円とややお手頃な価格です。

 

※定期縛りがありません

 

デメリットは?

 

これだ!
という大きな特徴がありません(汗)

 

 

【公式】→https://w2.netprice.co.jp

 

 

 

コラム:育児ママのお悩み!子供の夜泣きがひどい原因とは?

 

子育てをしていると悩みは尽きないことが多く、育児ママにとっては精神的負担が大きいこともあります。ただ泣いている我が子を見て「どうしてなんだろう」と頭を抱えてしまうこともあります。中でも今回は家族にとっても負担の大きい子供の夜泣きについて、考えられる原因や対策を紹介していきます。
まず子供は日中にある程度疲れていれば夜はすんなりと眠ってくれます。ですが昼寝を長時間してしまったり十分に体を動かしていないと夜も眠りが浅くなってしまい、夜泣きに繋がってしまうこともあります。眠たくもないのに布団にいること自体が苦痛になってしまっている場合は、生活リズムを整えることで夜泣きが改善されることもあります。
次に真っ暗な部屋の中が怖いことが子供の夜泣きがひどい原因になっていることもあります。寝付く時はまだ意識がはっきりしているのでさほど恐怖を感じなくても、夜中にふと目が覚めた時に突然怖くなってしまう子供もいます。その場合は電球をつけたままで寝かせてみたり、やわらかい光のライトをそばに置いてあげると落ち着いて眠れるようになることもあります。他には夜遅くまでテレビを見たり外出するなどして興奮していると夜泣きもしやすくなります。寝る数時間前からはできるだけゆっくりと過ごすことで、夜泣きを改善することに繋がります。

 

 

 

美容!顔のお悩み特集

 

 

美容を語る女性

 

顔にできるシミの原因

 

顔にシミができてしまう原因はさまざまです。

 

まず考えられる原因が加齢によるものです。

 

シミは30代まではほぼできませんが、それ以降はできえしまうようになります。

 

これは年齢を重ねるごとに身体の新陳代謝が低くなるためで、これによりお肌のターンオーバーが遅れ、メラニン色素生成が優先されてシミができていくのです。

 

そして、シミの原因として最も多いとされているのが、紫外線によってできてしまうというものです。

 

この紫外線を多く浴びるとメラニン分泌が激しくなり、お肌にシミができてしまうのです。

 

これは1回に多くの紫外線を浴びただけでいっきにできてしまうというのではなく、紫外線を継続的に浴び続けていることがおもな原因となります。

 

そのほかの原因としてはストレスによるものがあります。ストレスは自律神経を乱しやすいものです。

 

自律神経が乱れるとお肌表面にも不調が現れてくるようになります。

 

また、食生活とお肌の調子は関係していて、パセリや柑橘系を多く摂取するとシミができやすいともいわれています。

 

これは摂取そのものが原因というのではなく、柑橘系などに含まれる「ソラーレン」という成分が日光に反応することによってシミになる、ということなのです。

 

 

顔のたるみの原因

 

年を取ってくると若い頃と比べると明らかに顔が変わってきます。

 

パーツや配置自体は変わっていなくても、人に与える印象が変わってくるのです。人間は人を見ただけで大体の年齢がわかります。

 

若い人の顔が若く、そうでない人の顔は年齢相応に見えてしまうということですが、
それは顔のたるみが原因であることが多いです。たるみは、重力によって皮膚や筋肉が下がってきてしまうことが原因で起こります。

 

若い頃は肌にハリがあり、皮膚も弾力を保っていますが、年齢を重ねると共に、どうしても重力に耐えられず下がってきてしまうのです。

 

目尻のシワやほうれい線など、目立つシワがなくても、年をとるとそれ相応に皮膚や筋肉が下がっているので、
年齢相応に見えてしまうのです。

 

ただし、元々の顔立ちによって、たるみやすい人とたるみにくい人に分かれます。

 

たとえば、頬骨の位置が高く、口角なども上がっている、元々リフトアップされている顔立ちの人は、年をとってもそうでない人よりたるみにくいです。

 

元々そういう顔立ち
ではない人も、口角を常に上げるように心がけるなど、意識的にパーツをあげて保つよう努力するように心がけると、そういう努力をしない場合に比べたるみにくくなるでしょう。

 

乾燥肌になる原因とは?

 

乾燥肌の原因には内部のコンディションから引き起こされているものと外的な問題とがあります。

 

内部的な問題で多いのは加齢による潤い成分や水分の減少であり、皮脂膜や天然保湿因子、セラミドが減ることで水分を保持しておくことができなくなって乾燥状態に陥ります。

 

また、女性ホルモンのバランスが乱れたり生活習慣が乱れることでも乾燥肌になりますので、体調面を整える必要があります。お手入れの成果がなかなか現れない場合、皮膚病等の病気の可能性もあります。

 

外的な問題では紫外線によるダメージが深刻です。紫外線は一年中降りそそいでいますが、夏場しか対策を行わない人も多いようです。

 

紫外線対策をしっかりと行うと肌中の水分が適度に保たれて、乾燥を防げるだけでなく潤いも維持されます。

 

冬場に乾燥しやすいのは外気が乾燥しているためであり、暖房の風に当たることで悪化します。季節に応じた保湿ケアが必要なのはその時々で環境が異なるためですので、季節ごとにケア方法を変えることが大切です。

 

アレルギー体質の人は、花粉などのアレルギー源による影響で乾燥肌になることもあります。

 

アレルギー反応を起こしている時には過敏になって通常よりも乾燥しやすいので、スキンケアを充実させる必要があります。

 

 

オイリー肌になる原因とは?

 

オイリー肌の原因で多いのがホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスは常に多少の変化をしていますが、生活習慣が乱れると変動の幅が大きくなって肌にも影響を与えます。

 

夜更かしをしたり睡眠不足に陥ると男性ホルモンの働きを強く受けるようになって皮脂の分泌も活発になりますので、急にオイリー肌になることもあります。

 

日々忙しい生活を送っていてストレスを溜め込んでいる時にも自律神経のバランスが乱れてホルモンバランスが崩れますので、オイリー肌になりやすい体内環境が作られます。

 

次に疑いたいのは食生活です。脂質を過剰に摂取している人は毛穴が詰まりやすくなってオイリー肌になります。

 

特に飽和脂肪酸を多く含むバターや牛脂、ラード、肉類をたくさん摂取すると飽和脂肪酸は融点が高いために毛穴が簡単に詰まってしまいます。

 

スキンケアが原因となるケースでは、皮脂を奪いすぎてしまって余計に皮脂の分泌を促してしまうことがあります。

 

肌には正常なバリア機能を保つために適度な皮脂が必要ですので、減り過ぎると肌を守るための分泌量を増やして対処しようと体が勝手に働きます。

 

ですから、洗顔時には肌が突っ張らない程度に皮脂を取り除くことが大切です。

 

化粧品の基礎を学ぶ

 

化粧品が気になる人

 

化粧水の役割とは?なぜ使う必要があるの?

 

10代の頃は化粧水の必要性を感じていなかったとしても、年齢を重ねるにつれて洗顔のあとに肌の乾燥を感じるようになって、化粧水を使うようになった人は多いでしょう。

 

主に男性に多いですが、化粧水をなぜ使うか理解しておらず、洗顔したあと何のケアをしない人がいます。そういう人は今はその影響を感じていなくても、
ある日肌の変化に気づいて後悔する危険が高いです。

 

人に撮ってもらった写真を見て自分を客観視すると、予想以上の老け具合に驚く人は少なくありませんが、思いもよらないしわが出来ていたり、
顔がたるんで下がってしまっていたりして、見た目年齢が自分でも気がつかないうちに上がってしまっているのが、その原因です。

 

化粧水の役割とは、洗顔の洗浄成分で失われた肌の水分を補うことにあります。本当に若い頃には奪われた水分を自ら補う力があるのですが、年齢と共にその力は衰えていきます。

 

そのことを知らず水分不足のまま肌を放置していると、毎日の積み重ねでしわやたるみといった肌の加齢症状が肌に現れやすくなり、その症状が肌に定着してしまうのです。

 

化粧水をなぜ使うかといえば、肌にきちんと水分を補うため、ひいては肌をいつまでも若々しく保つためと言えるでしょう。

 

乳液の役割とは?なぜ使うの?

 

洗顔の後のスキンケアでは、化粧水と乳液をセットで使用するのが一般的とされています。化粧水の後に乳液をなぜ使う必要があるのか、気になったことがある方も多いでしょう。

 

化粧水は文字通り水を基本としている製品であり、その役割は角質層に水分を補い浸透させることにあります。洗顔によって余計な皮脂を取り去った後は皮膚が乾燥しやすくなっているため、化粧水をしっかりと浸透させる必要があるのです。

 

しかしただ水分を補っただけでは時間とともに蒸発をしてしまい、再び角質層が乾燥してしまいます。

 

そこで油分を含んでいる乳液を使用し、皮膚にフタをするような形で水分の蒸発を防ぐ必要が出てくるのです。

 

皮脂は肌を外界の刺激等から守るバリアのような役割を持っていますが、古くなると肌トラブルの原因にもなります。

 

このため洗顔によって皮脂を洗い流す必要がありますが、洗った後には肌を守るバリア機能も低下してしまうのです。

 

清潔になったお肌に美容成分や保湿成分を含む化粧水をたっぷりとなじませて、その後乳液でお肌を保護すれば美容効果を高めることができます。

 

化粧水と乳液をバランス良く使用してスキンケアを行い、健やかで美しい素肌を保ちましょう。

 

 

オールインワンゲル化粧品のメリット・デメリットとは?

 

オールインワンゲル化粧品は年代を問わず人気があるのが特徴です。

 

美白や無添加、ニキビやエイジングケアなど、それぞれ特色に合ったオールインワンゲル化粧品があります。どんなメリットがあるのかといいますと、オールインワンゲル化粧品は、一度で全てのスキンケア化粧品の機能が含まれているため、スキンケアが簡単で短時間で済みます。

 

化粧水や乳液、美容液や化粧下地、中には日焼け止めの機能が含まれたものもあり、
万能スキンケア化粧品といえます。

 

全てのスキンケア化粧品を購入しなくても、オールインワンゲル化粧品だけ買えばいいだけなので節約にもなります。

 

その一方でデメリットは、ゲル状の製品なので浸透力が化粧水よりは劣るといったことがあります。

 

そしてその日の肌の状態に合わせた使い分けができないといったことがあります。例えば乾燥がひどいときに、化粧水や美容液を多めに使いたいといったことができませんし、油っぽい肌のときにさっぱりとした化粧水を選ぶこともできません。

 

また、オールインワンゲル化粧品の使用感に不満をもつ人もいます。ベタベタする感じや、モロモロがでてくる場合もあるようです
オールインワンゲル化粧品の中には、べたつかずモロモロも出てこない優良な商品もあるので、どんな使い心地かなどを確かめてから購入するのがおすすめです。